メガネを買おうと思ったとき、どんなメガネが自分に似合うのだろうと悩むことはありませんか?ここではメガネ選びのポイントについてお伝えしていきます。メガネ次第で印象が変わるため選ぶときの参考になればと思います。

メガネのデザイン

好きなメガネの形はあるけれども、自分によく似合うとは限らないということがあります。ここでは、顔の輪郭に合うフレームの選び方をお伝えしていきたいと思います。似合うメガネを選ぶときの参考にしてくださいね。

丸顔に似合うデザイン

丸顔の人には、角ばったスクエアタイプのデザインの眼鏡が似合います。丸顔の人が丸みのあるフレームを選ぶと、さらに顔が丸く見えてしまいます。ですが、スクエアタイプのデザインを選ぶことでシャープさが加わ…

面長に似合うデザイン

面長な輪郭の人は、比較的どんな形のメガネでも似合う顔だといわれています。そのため、いろいろな形のメガネを着けこなしてしまう人も多いのですが、選ぶポイントが分かっていれば、より自分に似合うメガネ選び…

メガネを洗うのはよくない

メガネを石鹸や洗剤などで洗うことはよくない場合があります。なぜなら、レンズの表面の塗装が剥がれてしまうからです。

メガネの色

活気みなぎる赤系の色

爽やかなブルー系の色

シックで落ち着いたダーク系の色

三角顔に似合うデザイン

眼鏡フレーム選びの基本を理解することが大事

似合う眼鏡の選びかたは、眼鏡フレームと黒目の位置が重要なポイントになってきます。眼鏡のフレームにさまざまなデザインがありますが、レンズの中央に黒目がくるようにすることが大切です。何故なら黒目がレンズの上方にありすぎる場合は頼りない印象を与えたり、外側すぎると離れ目に見えるなどの違和感が生じるからです。これに加えて眼鏡フレームの横幅が自分の顔とほぼ同じものを選ぶことも意識してみましょう。そうすることでレンズの中央に黒目が来やすくなり、眼鏡だけが悪目立ちするのを防ぐことができます。これらのポイントをクリアした眼鏡を選ぶためには、購入前に試着することが必要不可欠になってきます。眼鏡をかけたら鏡の前に真っすぐ立ち、レンズと黒目の位置を確認するのがおすすめです。

三角顔に最適な眼鏡のフレームデザイン

三角顔の人は知的でシャープな印象が強いため、角ばったデザインの眼鏡フレームを着用するとキツイ印象が強調されます。それを防ぐために、優しい雰囲気を醸し出すことができる細身のオーバルタイプのフレームがおすすめです。眼鏡をあまり目立たせなくないという人はレンズの下側のフレームがカットされたハーフリムを使用することで、理想に近い仕上がりにすることが可能です。ハーフリムの眼鏡はすっきりとした印象を与えることができるので、ファッションを選ばずに着用できるのも嬉しいポイントの一つです。カジュアルに眼鏡を着用したいという人は丸いレンズが特徴のボストンタイプを選ぶことで、冷たい印象のある三角顔を柔らかくて落ち着きのある印象にカバーできます。